花粉症対策・予防に関する基礎知識ーお家の医学なび

医者

花粉の予防策

女性

花粉には早期の治療が非常に大切ですが、それ以上に予防が重要になります。花粉はすぐに発症するわけではなくIge抗体が花粉と結合した状態で蓄積する事から起こります。蓄積に注意しましょう。

Read More

本当はこわい

女性

メニエール病について説明しています。メニエールは単純なめまいや耳鳴りではなく継続的に発症する病気です。重度になれば日常生活もままならなくなるケースも多く、注意が必要です。

Read More

花粉症になったら

少しでも体調が優れないときはすぐに新宿の内科へ訪れて検査をしてみましょう。予約制ではないので、いつでも利用することができます。

専門治療を行なっている郡山青藍病院で身体の状態を改善しましょう。評判情報はコチラからチェックすることができます。

花粉症

女性

近年、日本においては4人に1人が花粉症と言われています。
スギ花粉がもっとも有名ですが、それ以外にヒノキやシラカンバなど沢山の種類があります。
花粉症は多くの人が発症する可能性を秘めており、一度なってしまうとその苦しみは非常に耐え難いものがあります。
進行してしまったら完治する事が難しくなりますので、早期に対策して治療しましょう。

花粉症のメカニズム

そもそも、花粉症のメカニズムはどのようになっているのでしょうか。
花粉は非常に小さな粒子です。それが目や鼻、または口から体内に混入してしまうと体内の細胞が反応して抗体を作り出します。
これをIge抗体と呼びますが、このIge抗体が同じく体内にある肥満細胞に付着し、更に花粉と結合して涙やせき、くしゃみなどの症状を引き起こします。
人の身体は通常、このIge抗体が発生する事を抑制する遺伝子を持っていますが、この遺伝子を持っていない人がアレルギーとして花粉アレルギーになるのです。

花粉対策

では、花粉症になってしまった場合はどのような対策が必要でしょうか。
前述の通り花粉の種類も異なりますし、その症状も人によって様々です。
大切なのは「早期」に「それぞれにあった治療法」で治療する事です。
花粉症に対する専門知識をもった病院でなるべく早めに診察を受けて治療を開始する事がもっとも効果的な対策です。

脂漏性角化症

女性

脂漏性角化症について説明します。いわゆる老人いぼの事ですが気になる人にとっては気になるので取りたいという時には病院へ行きましょう。早期の対応であれば綺麗に取り除くことができます。

Read More